映画「コールドマウンテン」プレスリリース (C)Buena Vista Home Entertainment, Inc.


チャールズ・フレイジャーの同名のベストセラー小説を、『イングリッシュ・ペイシェント』で、文芸ロマンの巨匠の座を不動のものにしたアンソニー・ミンゲラが、壮大なイメージで映像化。キャストもニコール・キッドマン、ジュード・ロウ、レニー・ゼルウィガー以下、実力派で固め、全編2時間35分という、文芸巨編のプレスリリース。メディア担当者には、毎日100通以上のリリースが届けられるため、試写会に参加していただく為には、インパクトが必要。映画のタイトルを活かし、コールド便で配送した好例です。

日本では、2004年4月に公開


DV(ドメスティック・バイオレンス)撲滅キャンペーン (2006年アメリカ)


米国では1970年代後半から女性の権利闘争やいくつかの致死事件により、近親者からの暴力が耳目を集め、DVの概念がつくられました。 アメリカの家庭では暴力が深刻であり米国15秒に1人、年間200万人以上の女性がDVの深刻な被害を受けておりDVによリ亡くなる女性が1日に11人です。このキャンペーンはそうしたドメスティックバイオレンスを撲滅するために、無料相談ができるコールセンターを設置。そのコールセンターの認知させる為にドメスティックバイオレンスを受けている人々が多く利用するコインロッカーにチラシを設置。

日本では、平均年間2万件のDV被害者が確認されています。


FIT広告/時計プロモーション広告(アメリカ)


時計はやはり手に取ってはめてみたいもののひとつ。そこで、切り取って試せるカタログと、つり革を時計に見立てプロモーションを実施。



パフォーマンス広告/屋外広告(アルゼンチン)


マジックの手法を使った人間浮遊の広告。



マンホールを使った広告/商品広告


マンホールをつかって広告化!

日本での応用は交渉が必要。


小スペース広告/ジオラマ人形を使った遊び広告


見つけた人にとっては感動の小さな小さな広告!



小型グラフィック/ヨガスタジオ オープン広告


ヨガスタジオ「ヨギー」のファーストフードタイアップキャンペーンを実施。ストローを媒体化し配布。



スケートリンク内広告/商品広告(P&G)


「肌を切りたくない」「深剃りを求める」「ヒリヒリが気になる」「さっぱり感を求める」ニーズに対応した、ジレットフュージョンシリーズの認知のため、スケートリンクを整備する ice resurface(整氷車)を広告化。安価でCMパネルよりインパクトがあります。

日本での応用は交渉が必要。


フロア広告/水漏れ修理サービス ちらし(BBCA)


水まわりのトラブルが起こった時、電話すれば、水のトラブルを解決してくれるサービスのちらし。集合住宅のドア前に設置された広告。



ストリート内広告/212映画PRキャンペーン (2008年ブラジル)


2009年、トップクラスの科学者のチームは、地球が間もなく滅亡に向かっているという事実をつかんでいる。2012年までにできるだけ多くの人類を救出するようにと世界各国のリーダーからの要請を受けていたが、人類すべてが滅亡への一途を辿る運命にあるのは明白な事実。知りたい人は、「Googleで2012を検索しろ」
といった、メッセージのもとに、実施された映画のキャンペーン。実際には、地下鉄の通路に設置してあるので45メートルのロング広告です。

全世界で2億2500万ドルを稼ぎ、3日間で製作費の2億ドルの半分以上を回収。日本では、2009年11月20日に公開されている。


トイレ内広告/サッカー誘致広告(ブラジル)


サッカー大国ブラジルではシーズンがはじまると、国がお祭り状態になります。日本では、広告主に嫌悪されるトイレ広告ですが、海外では、トイレが人間にとって集中力が高まる場所との認識があるので、需要が多く、アイディアが求められる場所なのです。

日本での応用は交渉が必要。


サプライズ広告/ダイビングスクール・フロア広告(アメリカ)


高所恐怖症の人には、寒気がはしる広告。スカイダイビングスクールの広告だからこそ、可能なビジュアルです。



FIT広告/プロモーション広告(アメリカ)


真珠メーカーの広告です。トイレ内の鏡を媒体にした広告で鏡の前に立つ事によりネックレスをフィッティング出来るという設計。



サプライズ広告/空手スクール・屋外広告(アメリカ)


空手スクールの生徒募集広告。エリア別に展開。日本では、

日本では、屋外広告条例が定められており、屋外広告等を掲出するには、条例に従った手続きを得なければ、掲出できません。


サプライズ広告/番組宣伝広告(アメリカ)


日本でも大ヒットしたFOX製作のテレビドラマ「プリズンブレーク」の番組宣伝広告。副大統領の弟を射殺した容疑で逮捕され、死刑判決を受けた兄をの無実を信じ、刑執行から救い出し兄弟で逃亡生活を続ける話なので、あえて宣伝も隠れた手法を採用。



屋外広告/身元不明者情報サイト広告(NamUs)


アメリカにおける行方不明者は、届け出ベースで876,213人。危険な状態にあると考えられるケースが、120,726件。身元不明の遺体も身元不明遺体5569体そんな国アメリカで、全米行方不明・身元不明者システムサイトがスタートした。司法省の予算で設置され、フロリダ州の国立法医科学技術センターが運営しているこのサイトでは、データベースには行方不明者1996人、身元不明遺体5569体の詳細な情報が掲載され、捜査、検視当局者のほか、犯罪被害者団体や家族、友人も自由に閲覧することができる。
数千件に上る掲載例のうち、これまでに約300件が解決に至っている。

日本では、国内の全情報を閲覧するシステムはありません。各警察本部がホームページなどで身元不明遺体情報を載せているが、詳細情報とは言い難く形式も情報内容もバラバラであり、検索機能があるのは警視庁だけである。